1月17日に想う。

23年前の今日、
そう、阪神・淡路大震災があった日ですね。

私は被害の大きかった、神戸市東灘区に住んでいました。
幸いにも私達家族は無事でしたが、神戸の街は壊滅的でした。

マンションのベランダから見える夜半の火事の炎、
三宮周辺の倒れたビルを見た時の、ただただ恐ろしい非現実感。
小さな会社を始めて、軌道に乗りかけた頃でした。
取引先は神戸が中心で、受注は減るだろうし、
これからどうやって生きてゆこうかと悩んでいました。

そんな時、やっと電話回線が復旧した頃、
昔の友人から電話が来ました。
彼「どうや、大丈夫か?」
私「うん、オレも○○子(嫁)も、子供もケガもなく元気や」
彼「そうか、よかった。ほな・・・」
私「えっ?」
彼「いや、声が聞けただけでええねん。それだけで、ええ」
彼「お互い大変やけど、落ち着いたら会おな」
彼も被害の大きかった神戸市須磨区の住人でしたから、被災していました。

そんなに親しくない知り合いが、興味本位であれこれを聞いてくることに少し辟易としていた時でしたから、彼の思いが骨身にしみて嬉しかったことを思い出します。

友人が無事で、元気でいてくれたら・・・。
それだけでもう十分なのです。

不幸にも震災の犠牲になられた方々のことを思うと、
いい加減な生き方は許されないと、
1月17日は、私にとって毎年そんなことを再認識させられる日です。